読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイちゃんスッポンポン24時間後の結果は!?

今晩は、ヘルシーえっぽこです。

今朝、フミちゃんが綺麗な綺麗な卵を産み落としていました。

底網の所に。

例の


f:id:finalpacific:20170307015936j:image

 は、躊躇無く、お掃除しましたので、卵ちゃんは積めたくなっていました。

フミちゃんのオケツの周辺は通常通りで汚れや鬱血もなく、その点はホッとしました。

ゴメンね、フミちゃん、環境ドタバタしているツモリが安定してたかな?

気温かな?

産むまで至ったら、育てられるかみたいのが、経験者。

フミちゃんはどんな子達を産み育てるのでしょうね、という気持ちを今後はピシャリと抑えていかなくてはなりません。


f:id:finalpacific:20170307020403j:image

 フミちゃん可愛い過ぎます。

右はイゴニちゃんです。

日本語でミドリ(アルベド語)という意味です。

 

ー…ここで最大のツッコミ、同居してたら、そりゃ発情すんでしょ的なところは、いま、研究過程なので悪しからず。

 

不思議なことに

一羽で産卵を経験したコザクラで、

それじゃあペア飼育で、

で、チチクリマンボしても、むしろ産卵しないケージもあるんです。

もちろん生き物だから個体差もあって当然なんだけど、

場所が同じでも

ケージ毎に日照や気温、風の当たりとか、

何が、どう影響与えているのか、

何が、どう影響受けているのか、

 

例えばスイちゃん&サーちゃん、

サーちゃんはスイと同居してもしなくても、産みまくっていた頃がありました。

 

去年、五月に2つ卵を産みまして、

はてなブログには記録できていなかったのですが、そこからはサーちゃんは落ち着きました。

産卵過多のコザクラちゃんの落ち着きタイミングと

春先に1、2個を産んじゃうのねタイプと

そもそも産まないタイプを

ちょっと比較して

個体差、という点以外の視点で、

何か根拠を持った答えや

記事を、いつの日か書けたのなら、そんな日が来たのなら、と思います。

 

さて昨夜、スイちゃん洋服脱いでみて、着せていない状態で

勤め先から帰って来て

スイちゃんをみたところ…


f:id:finalpacific:20170307022134j:image

 
f:id:finalpacific:20170307022145j:image

 
f:id:finalpacific:20170307022159j:image
ちょっとフーフー♪

して肩の周りをチェックしましたが、大丈夫なようです‼

偉いね‼スイちゃん♪

スルーしたのね肩の気になりをスルーしたのねスイちゃん♪

頑張ったね‼スイちゃん♪

 

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村