読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイチャン日記

f:id:finalpacific:20160110132116j:plain
こんばんは、ヘルシーエッポゴです。
スイチャンは、カラーを自分で(または→のサーちゃんに、むしり取られて?)取っていたのでスッポンポンです。

f:id:finalpacific:20160110152652j:plain
今回は以前頂いたカラーを残したい気持ちがありフェルトので作る事にしました。
(不織布で柄がイケてる為)

フェルトで丸く作る際に、丁度サイズがスイチャン向けで…
f:id:finalpacific:20160110152714j:plain
テープの輪の中でマーキングしてカットする準備ばしました。

※これで、72ミリ~73ミリになります。

f:id:finalpacific:20160110154124j:plain

ホワイトのフェルトなんて
カブと柚子の漬物を作る時を思いだしませんか!?

~自咬症~
2014年12月~
~2015年12月
スイチャンの生活環境を私なりに見直して、
シード、ペレット、オモチャの面でアプローチしました。
結果はイマイチですね、すごく悪化したわけでもなく、カラーを外さない日を1ヶ月位継続すると肩は一通り生え揃う→首回りがワカケチャン&ショートボブ♪になる。

今度こそ、の気持ちでドキドキしながら外す
→5日目頃でカミカミしてしまう。
の繰り返しでした。

食事の面ではペレットやシードを小粒~セキセイ向け~中型~大型~と、
噛む、にアプローチして、クチバシの使い方を小まめに替えるような作戦はどうか!?と食事の用意を、ある意味、前向きに楽しんでお出ししていました。

↑目に見えての効果はなし!

オモチャは比較的金属を使ったオモチャから離れた選び方をするようにしました。
皆さんのようにイケてる凄いのは自作できないので、頂いたオモチャを結び直したり、サンコーさんブランドのナチュラル系統のをメインに選ぶようになりまして、スイチャンも楽しそうに遊んでいました。

↑自咬症に対しての目に見えての効果はなし!

自咬症の傾向がみられる小鳥を飼われている方の記事を見て、凄く正面から心で小鳥と向き合って、早期に改善されている記事が多くて、凄く凄く嬉しくて、
あぁカサブタちゃん早く痛みとカユミが気にならないように、そのまま元気になりますように!
って嬉しくて嬉しくて!
私自身も、その方たちのように心で向き合って、

その小鳥ちゃんが今、求めているもの、求めていること、を察して、キチンと対応する姿勢の自分と出会わなきゃ!
と希望という明るい挑戦やヒントを沢山載せて下さった優しいコザクラブログの皆さんに感謝で、胸がいっぱいです‼

とっても嬉しいです♪


f:id:finalpacific:20160110132107j:plain
←ヲティ
→千鶴子。