読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母親の事(インプルーブ)

おはようございます、ヘルシーえっぽこです。

先日、ご近所で大変お世話になった方がおりまして、オカメインコを、飼われているということで興奮してしまいました~!

例えばshoppaizo さんのところにはオカメインコちゃん&ウロコちゃんもいますし、ショップで見かける度にドキドキしてしまいます。

ザ・モール長町の中のペットショップには震災前からいるコセイインコ(今はわかりません)も、アジアのワカケ系統のインコということでウットリ見とれていました…(ポリさん、コセイインコいたら教えて下さい♪)

ちょっとコザクラのお話から、それてしまうのですが、母親の体調のことで
大学病院で、『はい手術です!…ガバッ…できません!』

と言う『顔が小さいために動物用の器具や、子供病院の、専門的な西仙台エリアで』という、もはやレントゲンとかで分からなかったの?的なケースにドップリ!
私や妹も勤務しながらお見舞い&看病には、ちょっと
『運転技術の面や時間で危険』的な流れに
大変戸惑いつつ
保険の問題
『手術~退院から○○日問題』で
最近ついに大学病院マークツー(仮)で、ようやく手術に、向けた再診察を…

そしたら!
『数値はヤバイけど悪性じゃないんだし、邪魔してる位だから薬で』
とイケメンドクターに言われ
もはやグッタリと覚悟を決め。たらい回しの疲弊にヤバカッた母親はスッキリ&スッカリ
『じゃ!薬で!あなたに通います!』

的な激アツなムードで数値と戦うようです
(声はダメです、場末のスナックの酒焼けババア状態)


…初診って…

ガバッと開けた最初の全身麻酔&手術て…

大学病院て…

器具ないって…

皆さんのお祈りや、気持ちが届いたおかげで、イケメンドクターに出逢えたようなものですね!
f:id:finalpacific:20151007222939j:plain
シードお皿にドボン!の千鶴子♪