読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在る、繁殖チャレンジ中の頑張ってらっしゃるあの方へ

お役に立てないと思うのですが、私の失敗談、やり始めていること。などなど。

我が家で今回予定より10日程早く、巣箱から3羽の雛を出して別居させました。

f:id:finalpacific:20141010124253j:plain

理由はマミーポコバードのボブ(黄色がスポンジボブのようだったから)が、雛ベビーの、オケケをむしり取っているのを目にしたから。

もはやスポンジボブからボブサップの、ボブですよ!
と突き放すのは簡単な事なのですよね…

ボブちゃんはバードとして大変優しくて可愛いのですが、育児の面では苦手な箇所も有るようです。

f:id:finalpacific:20141010125014j:plain

春の繁殖の際は、ぶろぐ村のヒロイン、まるこの小言の083さん様が電話口でサポート~アドバイス、みことばを授けてくださり、多大なる恩恵を賜りました。
そのなかには

『飼い主として』という価値観を含む大切で深みのある言葉がありました。

確かに、私自身、飼い主~オーナーとしてではなく、勤務先の仕事の面でのストレスや、不安感、修羅場をもしかしたら彼女は察していたのかも知れない!

なんだろう、話上手は聞き上手的ななにか。

さて、バード育児には親の負担も近年顕著に叫ばれていて、私なりに、取り組んだ事は
『ケイティーフォーミュラ』(名前間違っていたらごめんなさい)
や、『黒瀬ペットフードの雛ベビーネリネリえさ』(名前明らかに間違っています)
を、パピーポコバードや、マミーポコバードに飲ませる
→正確には作っていたら、なめに来たのでスプーンで与えたらゴクゴク飲んだ。
これで育児しながら激ヤセ防止できる!という流れになって、取り組んでいます。

この秋も取り組んでいました(育児疲れ&激ヤセ防止はできましたが雛のオケケむしりは抑止できなかった)


f:id:finalpacific:20141010125129j:plain

~いま、と在る、繁殖チャレンジ中の、いつもお優しい方へ~
きっとお勤め先で、苦労話を抱えて、疲れて、

もしかしたら親バードちゃんたちは飼い主に気遣って、繁殖行動を控えめにしているのかも知れない!

でもきっと

バードちゃん?

飼い主さんの大切な、あなたたちの雛のお世話を飼い主が出来たら、飼い主さんの勤め先の苦労話も、嘘のように吹き飛んで笑顔が溢れるかも知れない!
だから
f:id:finalpacific:20141010125324j:plain
バードちゃんに無理が重ならない限り、


飼い主~オーナーとバードちゃんが、同時進行で、チャレンジし始め続ける気持ちを、諦めないで。




コメント欄に書かせて頂くと、その、方のファンが焼き餅maxになって失礼があってはならないのと、ハゲチョビン雛という現実を知って頂くための写真を挟みたかったのでブログ側にしたためました。



座敷ッチふぁいと!
お勤め先で大変な事も多いと思いますけど、お嫁さんと娘さんと。たくさんのバードちゃんやコロンちゃん。メダカちゃんの為にいつも仕事頑張ってクダサッテ有難う!


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村